和光市

ワクチン接種予約システム
よくあるご質問
  • Q.1 (接種券)本人確認書類の種類については何でもよいのか。どんなもので対応するのか。
    A.1 運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード等
  • Q.2 (接種券)出産による里帰り中です。帰省先で接種できますか。持病があり、かかりつけ医が住民票所在地外。接種は住民票所在地外でも可能か。
    A.2 どの方も住所所在地から発行された接種券(クーポン券)が必要です。原則は住民票所在地で受けていただくことになります。
    やむを得ない事情があり、住民票所在地以外で接種を行う場合、「住所地外接種届出済証」の交付をしていただくため申請が必要です。

    (例1)里帰り出産の場合は帰省先での接種が認められます。
    ①必ず事前に、接種を受けようとする医療機関が所在する市区町村に申請をする必要があります。
    ②申請の方法には、「郵送申請」、「役所・役場での窓口申請」、「厚労省の専用サイトによるWeb申請」がありますが、詳細は後日国(厚労省)から示される予定です。
    ※この方法により和光市外で接種を受けることができるケースは、「里帰り出産」、「単身赴任者」、「和光市を離れて生活している学生」、「DVや虐待等の被害者」などです。

    (例2)市外のかかりつけ医等での接種については、市外での接種が認められるケースは限定されます。

    ①市外のかかりつけ医等での接種が認められるのは、「基礎疾患を持つ方が主治医から接種を受ける場合」となります。
    ②この場合は、役所・役場への申請は必要なく、医師に申告していただければ接種を受けることができます。
    ③このとき注意が必要なのは、かかりつけ医等で受けている治療等が基礎疾患に該当するかどうかです。単に市外のかかりつけ医等で接種を希望する場合は該当しません。
    ※この方法により和光市外で接種を受けることができるケースは、「病院等に入院・入所している人」、「基礎疾患を持つ人が主治医の下で接種を受ける場合」、「災害による被害を受けた人」などです。